日本ケミファ株式会社

総務部

仕事内容

清水 真/総務部長

1)会社の基本的意思決定機関である株主総会、その株主に経営を委託され重要事項についての道筋を決定する取締役会の運営に事務局として深く関わりながら、コンプライアンス経営の本道をきちんと押さえます。

2)社内横断プロジェクトとしてのリスク管理委員会や法令等遵守(コンプライアンス)推進委員会を主催する中で、リスクの洗い出し⇒評価⇒優先順位付け⇒目標設定⇒リスクマネジメントプログラムの策定⇒モニタリングを実施し、万が一リスクが顕在化した場合に備え、業務継続計画等を策定します。地道なこの作業の積み重ねによりあるべきリスクマネジメント・内部統制システムの維持に寄与します。

3)企業運営に付随するあらゆる法務リスクのモニタリングやリスク顕在化時の対応に関与、特に契約管理体制の強化を進めています。他社における法務部の仕事全般が当社総務部の仕事の一部といえます。

4)所有不動産や賃貸物件、リース物件の管理などいわゆる管財業務も総務部の重要な仕事。個別物件の有効活用やファシリティコストの合理化に止まらず、全社的なCREマネジメントによる最適化に取り組んでいます。

5)その他什器類の手配・設置・移動などの他部署に対するサービス提供、社内年中行事(年頭式や仕事納めの社内宴会など)など、当社全体の物質面・精神面両面での業務効率向上をサポートします。

職場の雰囲気

カバーする業務範囲の広範さとそのボリュームの膨大さにおいて、正に“総務”という言葉を実感できます。個々の業務それぞれに実はスペシャリティが必要なのに、ゼネラリストでもなければ務まらないという二律背反が総務部という職場の特徴です。そして総務部員としてその職務を遂行するにはこの二律背反を止揚する精神力が必要です。
このように相当な仕事量と高い要求水準に晒されながらも、担う仕事の価値と達成したときの充実感を十分に知っている部員の間に連帯感が漲る、明るくて活力のある職場です。

関連情報

日本ケミファを知りたい方へ

会社概要、事業概要、事業所一覧などの企業情報を掲載しています。

会社案内

株主・投資家のみなさまへ

ニュースリリース、財務ハイライト、IRライブラリーなど、株主・投資家のみなさまへの情報を掲載しています。

IR情報