日本ケミファ株式会社

医療関係者・患者さんのために

医薬品は、薬そのものだけではなく、情報と一体となって初めてその役割が果たせると言われています。
当社では、日本全国に配置しているMR(医薬情報担当者)を通し、医療機関に適正使用に関する情報などを適時適切に提供しています。また、同時に品質や安全性に関する情報の収集に努め、集積した安全性情報を一元管理し、新たな製剤工夫や情報提供につなげています。

1. 医薬品の適正使用に対する取り組み

社内の取り組みとしては、自社製品の有用性に関する情報だけではなく、適正使用に必要な情報をバランスよく提供することができるようにMR の教育研修を実施しています。常に患者さんのことを考え、薬物療法のパートナーとしてチーム医療の一端を担える人材の育成を目指しています。
社外への取り組みとして、診療報酬改定に関するニュースや服薬指導のポイント講座といった医療関係者向け情報から、ジェネリック医薬品に関する情報、食事療法レシピ集などの患者さん向け情報まで、各種の情報をweb サイトで提供しています。
また、新薬およびジェネリック医薬品に関して、各種指導箋を取り揃えており、医療機関のニーズに合わせた情報提供を実施しています。さらに高尿酸血症・痛風の総合情報サイトとして医療関係者向けに「ウラリット.jp」、患者さん向けに「痛風ナビ」をそれぞれ開設し、ニーズや知識レベルに合わせた高尿酸血症・痛風についての情報を提供しています。

(1)MRによる情報提供
全国に約250名のMRを配置し、薬剤使用や患者指導に関する相談など、医療機関のニーズに応じた情報を適正かつ迅速に提供するよう努めています。地域医療の中核を担う基幹病院を中心に、各医療機関における連携を踏まえた効率の良いMR活動を継続してまいります。

(2)各種研究会の支援
当社は認知症や生活習慣病をはじめとした各疾患に関するセミナーや研究会を通じ、医療関係者に最先端の情報や治療に関する意見交換の場を提供しています。また、国による診断群分類包括評価(DPC)の推進に対し、2005年から「DPC マネジメント研究会」の運営を支援しています。

(3)がん(オンコロジー)分野へのアクセス強化
高齢人口の増加などによるがん患者の増加に伴い、抗がん剤のジェネリック医薬品に対するニーズも高まっています。がんの薬物治療においては、他の領域以上に医療関係者への詳しい情報提供が求められることから、2013年に立ち上げたオンコロジー推進室がMR の情報提供活動をサポートするとともに、医療関係者向けセミナーを開催しています。

(4)豊富なサポートツール
最新の情報を医療現場にお伝えするために、医師・薬剤師向けの情報誌を定期刊行しています。また、各種食事療法や運動療法などに関する指導箋、健康管理に役立つアイテムなど、豊富なサポートツールで医療の質の向上に貢献してまいります。

(5)お問い合わせへのスピーディーな対応
主に医療関係者・患者さんからの電話による問い合わせに、的確かつスピーディーに対応するため、くすり相談室を設置して医薬品の適正使用をサポートしています。
・くすり相談室…0120-47-9321
※携帯・PHS からは03-3863-1225
※受付時間 : 8:45 ~ 17:30(土日祝祭日を除く)


2. 安定供給体制の強化

厚生労働省が策定した「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」で求められる安定供給に向け、原薬購入先の複数化や現地製造所の査察強化などに取り組んでいます。
また、日本薬品工業株式会社つくば工場3号棟における医薬品の製造工場としては日本初となる全面免震構造の採用やベトナムにおける工場の建設、医薬品卸を通した供給体制を整えている点など、開発・製造・販売のすべてのサプライチェーンにおいて安定供給に向けた改善を続けています。


3. 安全性・利便性の向上

新薬もジェネリック医薬品も同様に、品質確保への取り組みや情報提供体制の充実を図るとともに、製品の視認性や取り扱いやすさの向上を目指した工夫を施す取り組みを進めています。
内服薬のPTPシートをはじめとした包装材への表示の工夫や、抗がん剤の曝露防止に配慮した外装包装を採用するなど、医療関係者や患者さんの安心・安全につながる取り組みにたゆまぬ努力を行っています。


製品工夫の一例

見やすい艶消しのPTPシート

光の反射による読みにくさを改善しています。

ユニバーサルデザインフォントを使用

識別しやすい文字を使用しています。

利便性に配慮した錠剤デザイン

薬剤に関する情報(会社名と薬剤の成分)を表と裏に反転して印字しているので二分割した場合でも識別可能です。※薬剤師が錠剤を割って患者さんに処方することがあります。

抗がん剤の曝露(ばくろ)防止への工夫

抗がん剤が医療従事患者に触れないような包装工夫を行っています。※抗がん剤は、がん細胞に対しては抗がん作用を示しますが、正常細胞に対しては毒性を示すことが知らされています。

関連情報

ページのトップへ

健康が気になる皆さまへ
ヘルスケア商品のご案内
四季のヘルシーフーズ
食事療法レシピ集
気になる生活習慣病
健康生活のススメ
貼付剤を貼るときにお困りの方へ
医療関係者の皆さまへ
製品情報
Chemiphar Oncology
メディカルトピックス
ジェネリック医薬品FAQ
研究会・セミナー情報
臨床検査薬事業
安定供給体制等に関する情報
トピックス一覧
会員コンテンツのご紹介
会員ログイン
メールでの情報提供について
株主・投資家の皆さまへ
ニュースリリース
企業情報・経営方針
業績・財務情報
IRライブラリー
株式情報
IRカレンダー
電子公告
企業情報
経営理念
会社概要
役員紹介
企業沿革
事業概要
研究開発
事業所一覧
CSR
日本ケミファはやわかり
企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
採用案内
新卒採用
キャリア採用
障がい者採用
採用案内FAQ
採用担当者からのご挨拶
MR認定試験合格体験記
先輩社員からのメッセージ
部門紹介